農の雇用助成金

農商工連携を通して、補助金で会社も農業もWIN-WIN

農の雇用助成金とは?

農業事業体(農業法人や認定農家、農業サービス事業体)が、社員として50歳以下の若い新規就農者を雇用したら、研修費として年間最大120万円(最長2年間)給付する補助金「農の雇用事業」。

「農の雇用事業」補助金申請用紙はこちらのサイトからダウンロード!
その他にも、農業経営に関するQ&Aや、経営の専門家への直接相談サービスもあります。
会員登録無料!ぜひお試しください。

農の雇用助成金っていくらもらえるの?

 

 

私ももらえるの?農の雇用助成金要項

□農業法人等の要件

・農業法人、農業者又は農業サービス事業体であること

・農業経験が原則5年以上ある役員又は従業員を「研修責任者」として置くこと

・研修生との間で、期間の定めのない雇用契約を締結し、労災保険、雇用保険に加入させること
 また、農業法人は社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入させること

・1週間の所定労働時間が年間平均35時間以上(研修生が障がい者の場合は20時間以上)であること

・従業員を常時10名以上雇用している農業法人等については、就業規則を整備していること

・本事業と重複する期間に、本事業と重複する他の公的助成を受けていないこと

 

□研修生(新規就業者)の要件

・本事業での研修終了後も継続して就農する意志があり、正社員としての採用日時点で原則50歳未満である者

・正社員として研修開始時点で4ヶ月以上継続雇用されていること

・過去の農業経験が5年以内であること

・原則として農業法人等の代表者の3親等以内の親族でないこと

・過去に当該農業法人等の正社員ではなかったこと

申請にあたってのポイントは?

申請書にあたっての主な様式及び公的証明書の写し以下の通りです。

●必ず提出が必要な書類
・「農の雇用事業」申請書類チェックリスト
・ 研修実施計画書(農業法人等の概要、研修生の概要、2年間の研修計画等)
・ 誓約書
・ 働き方改革実行計画 兼研修生の定着・離農状況及び働き方改革取組状況一覧表
・ 雇用契約内容確認書
・ 研修指導者及び研修生の履歴書
・ 個人情報の取扱いに関する同意書
・ 雇用保険の加入を証する書類の写し

●該当する場合に提出が必要な書類
・就業規則の写し(従業員10名以上の場合)
・労災保険の加入を証する書類の写し(初めての応募の場合)
・社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入を証する書類の写し(法人の場合)
・全部事項証明書(法人の場合)
・耕作証明書等(初めての応募の場合)
・キャリアアップ計画書の写し(従業員のキャリアアップ計画を作成している場合)
・トライアル雇用実施計画書等の写し(トライアル雇用制度等を実施している場合)
・GAP認証を取得していることを証する書類の写し(GAP認証を取得している場合)

●さらに農の雇用事業について詳しく知りたい人へ

・農の雇用事業補助金 説明資料
・農の雇用事業補助金 申請書記入例

上記の書式2種類を無料プレゼント !

申し込みはこちらから。資料請求と一緒に、われらまちの農縁団!!にもぜひ登録ください!

 

われら しろうと農援団!!

 

農の雇用についての相談受付中!お電話ください。